DrumsTuningBlog ~ドラムに纏わるウロトアゼ~

ドラム音職人によるミュージシャンのためのチューニング覚え書き・・・ Drumsとともに年を重ねた、笑いと涙の夫婦善哉。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomに始まり、Tomに戻る

最近、ちょっとだけTomのチューニングに煮詰まり気味。「お任せ」の音づくりの際(実は結構多い)、ほんとにこのアーティスト、この曲にぴったりの音かな~?といった感じで、現場でもこっそり悩んでたりします。若い頃、僕がチューニングに目覚めるきっかけとなったTom。Drumsのなかで一番シンプルな構造。楽器としての仕組みも、音づくりの方法も分かりやすく、まさに基本です。Tomに始まりTomに終わる・・・のかな(笑。まだそこは分からないけど、音楽的なものも含めて、Back to basicな時期かもしれません。
チューニング目覚めの時期は、裏ヘッドを思いきり張って、打面側を全く張ってない状態から対角線にほんの少しずつ張っていく。Tomらしいふくよか音がしてきたら微調整に入り、張りすぎて音が硬くなってきたら、少し緩めて戻す、といった具合でした(いわゆる、Tomらしい音。歌うようなTomの音が好きな方にはお勧めです)。現在は、何でもありです。はっ、何でもありが良くないのかもしれない。。。持っていける場所、音色が以前よりは豊富になってきて、これだーって、的が絞りにくくなってるのかもしれません。そもそもTomって、とても自由度が高い楽器だから。
曲的に絶対これ!って言うのがあったりすると、とてもやりやすいんですけどね。例えば、半音や一音落とし(竿チームが)でゴリゴリのリフもの。「いつもTomが埋もれちゃうから、目立つようにしてよ!」とか。迷わず、スーパー・ローピッチです。例えるなら、12のTomがフロアかっていうくらい(ちょっと大げさ)。打面を緩く張ることでタイトでワイドなアタックを作り、極端なローピッチによる、サスティーンとの分離を図ります。ベチッドーンといった感じの音。Bassともきれいに分離します(その手のBandで、Tomの音に悩んでる方は一度試してみてくださいね)。
そこまでじゃなくても、「誰ダレみたいな音」「なんとかっぽい音」とか、ある程度はっきりとしたイメージのリクエストがあれば仕事は早いです(笑。以前「土瓶みたいな音」「水がはじけた音」というリクエストがあったけど、そういうのも、やりがいはあったかもです。逆に困るのは「なんか面白いタムの音にしてよ」とかね。あまりに漠然としたリクエストはね。まぁ、やりますけどね。まずTomに小豆を入れて、砂糖と水と・・・すみません。冗談です。

(画像はチューニング時に使用するBeat博士です)
08-05-31_002.jpg
スポンサーサイト

チューニングに纏わるエトセトラ(状況って・・・何の状況だよ)

曲のKEYに合わせる(BDがルートでSDが5度で・・・って感じで)。ほんのりKEYを意識する(僕の場合、これが多いです)。KEYを無視する(マイナーな曲調だとけっこうハマる)。ダブルヘッドの場合、打面側に対して、裏を強く張る、ゆるく張る、同じ張り具合(同ピッチってこと)にする。ミュートの有無、その方法。チューニングのやり方はたくさんありますが、結局は状況による、と思います。自ら感じ入る状況もありますが、ほとんどは、人や楽器や楽曲に教えてもらうことのようです。うまくいくコツ。他の楽器の音を良く聴くこと。そして他の楽器の音を引き立てようとすること。僕の場合は特にヴォーカルです。声質、リズム、メロディー、歌い方。日本語の場合、母音が主体ですから、鋭いスネアの音は時として歌の流れを切ってしまうことがあります。もちろん状況によりますが。後、タムやフロアの共鳴はベースの音に影響するし、スネアのポーンという倍音はギターに影響します(もちろん歌にも)。でも・・・これも状況によりますが。



(画像はYAMAHA OAK CUSTOM。重たくて艶がある音。イメージの中のアルゼンチン・タンゴ。Ludwigに慣れてる耳には新鮮でした。)

15346.jpg

Omni-Tune

08-05-07_003.jpg

TAMA Starclassic Bubinga Omni-Tune

某バンドのレコーディングにて。存在は知っていましたが現場で使ったのは今年に入ってから、本日で2度めになります。ブビンガという材は初めてで、耳にも新鮮な音ではありますが、オム二チューンがぁ。。。
 
08-05-07_008.jpg

(打面側オムニチューンラグ部分)


新鮮すぎる!確かに、打面側から,打面と裏面、両方ののチューニングができるというのは、演奏者の立場に立った素晴らしいアイディアだと思いますが・・・慣れないと非常にやりにくいです。要は裏面のチューニングの際、テンションボルトの動きが表とは逆になる仕組み(よく考えれば当たり前か)。

08-05-07_009.jpg

(打面側のチューニング/締める際、時計回り)


「あれっ、締めるつもりがまた緩めちゃった」を連発。裏を弄るつもりで表を弄ってみたり。。。

08-05-07_010.jpg
(裏面のチューニング/締める際、時計と逆回り)


なかなか馴染めないのは年とったせい?まぁそれもふくめ、きっと僕のチューニングのやり方が固まってきちゃってるんだろうな・・・と変に戒めてみたり。あと、オム二チューンラグ自体の重量が、シェルの振動に与える影響もありそうです。良いか悪いかはまだ分かりませんが(通常のラグのブビンガと比較できていないので答えは霧の中です)。とはいいつつ、この締まった鳴り具合、僕は好きでした。結果も良好。音もルックスも含めて、Martin Denny?的なエキゾティック感、あります。甘くて熱くてゴージャスです。曲もね、夏に雪を降らせるといった様子の歌詞と世界感だったのでね、これはうまくハマってくれたなと(笑。


はじめまして

08-05-03_001.jpg


ドラムチューナーの的場です。ドラムと私。長い付き合いですが、振り返ってみれば迂路と畦道ばかり・・・だったような、なかったような(笑。チューニングの話。楽器の話。現場のこぼれ話。思い出話(たまにね)。などなど、綴っていきたいと思っております。よろしくお付き合いくださいませ。彼方のドラムライフがハッピーでありますように。




HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。