DrumsTuningBlog ~ドラムに纏わるウロトアゼ~

ドラム音職人によるミュージシャンのためのチューニング覚え書き・・・ Drumsとともに年を重ねた、笑いと涙の夫婦善哉。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機生命体 九州編 3

 僕らがバンド活動をしていた80年代。
 東京(一部、大阪も)では雑誌、宝島が主催するキャプテンレコード、そしてナゴムレコード、FOOL'S MATEが主催するトランスレコードなどの、いわゆるサブカル系といわれる音楽やバンドが盛り上がりを見せていた。
 九州の片田舎にいながらも、こういったレーベルの音やカルチャーに刺激を受け、マリリンの耽美かつハイエナジーな音楽的根幹に、礒谷のテクノ、プログレ、アバンギャルドな音楽性を合わせた独自のロックを展開していた有機生命体・・・だったが。
 そもそも、サンハウス、ルースターズを頂点とした音楽のカースト制度をもつ九州のシーンのなかでは「変わり者」「変態バンド」「危ないやつら」といった受け止められ方で、完全に浮いた存在(対バンも話しかけてくれない)。いわゆる音楽関係者への受けは良く、全国的なメディアへの露出も多かったが、決して地元の音楽シーンでは受け入れてもらえない状態だった。
 「的しゃん、なんであんなバンドに入ったと~?」どちらかといえばカースト制に組み込まれていた私は、友人のめんたいロッカー達から、はてなマーク付きのお言葉を頂くこともしばしば(最初に感じた危惧は的中してしまった)。
 が、しかし。このころ、すでにバンドを辞めたいという気持ちは消え去り、なんとかこのバンドを全国区にしたい!と思うようになっていた。それはやっぱり、このバンド、そしてマリリンに可能性を感じていたからだと思う。次第に地元のバンドマン達との付き合いからも足が遠のいていった。
 バンド結成からおよそ一年で全国ツアーを決行したのも、じつは地元での居心地が悪く、いち早く意識が外に向かった、という部分があったのかもしれない。
 以前、東京で偶然観たイカ天も、九州ではまだ放送が始まってなく「世の中が寄ってたかってバンドを弄る」といった部分に違和感もあったが、全国的な宣伝効果を期待して応募。どうせツアーをやるならと、時期を合わせての出演が決まった。ならばホコ天にも!と、いち早く東京進出していたグラウンドナッツのメンバーに便宜を図ってもらい、これも決定。礒谷のプロモーションの成果か、ある雑誌社がツアーをやるなら同行取材をやると名乗り出てこれも決定。このころ、それまでなかなか定まらなかったギターリストも森田秀栄(現在は熊本在住)に決まり、よちよち歩きのバンドもツアーに向けて次第に熱を帯びてきた。
 チャンスは広がってきたが、問題は演奏力。東京や大阪のバンドたちと互角以上に戦う力が欲しい。熊本の小さなスタジオの一室で大西君との怒涛のリズム隊練習が始まった。
スポンサーサイト

ローピッチ~ビギナーズラックからの脱却

ローピッチ、うまく作れますか?

スネア購入とともに興味を持つドラムのチューニング。攻撃的でロックな音を作るべく、これでもか!というくらい両面のヘッドをパンパンに張ってみると、これがバンドで大好評。ライヴでも好評。「これでいいんじゃん」とばかりに、音に対する自信はMAXに。これ、若かりし頃の私です。
ピノキオ並みに伸びた鼻をへし折られたのは、レコーディングでバラードを録音したときのことでした。「ダスンッて感じの重たいスネアの音で!」 誰からともなく出たアイディアに対し「OK!じゃ、低めで作ってみるよ」とスネアに向かったものの・・・「う~ん、なんか来ないよね~」「埋もれちゃうね~」などなど、容赦のないダメ出しが(泣。次第に焦る私。「おっ、良いかも!」と盛り上がり、軽く録って聞いてみてると、ポーンというだらしない倍音。ミキサーの人に「けっこう良いと思うけど、この余韻だけ取れない?」といわれ、ミュートをしてみるが余韻は切れない、チューニングを変えると良さがなくなる。。。
こうなると弄るのがどんどん怖くなってきます。最終的になんとか録音はできたものの、完全ノックアウト負け。チューニングの難しさを思い知った出来事でした。
「ローピッチなんてヘッド緩めていけば出来るでしょ」と思っていたのですが、どのヘッドをどの程度緩めればどういった音になるか,といった音のイメージも実際の経験もなかったわけです。今ならばね、ポーンといった倍音が出ていたら、ボーンという倍音が出るくらいまで緩めてみる・・・かな(あくまでローピッチを目指す場合ですよ)。スネアから出る「ポーン」は、かなり音圧もあり目立つ音で、他の楽器にも悪影響ありますが、「ボーン」までいくとさほど目立ちません。当事者の耳には、目立って聞こえても、マイクを通すとさほど気にならないような「薄い倍音」です。
マイクは音を平等に拾います。出ている音をそのマイクの特性に沿って冷静に集音します(だからこそ、有機的な音にするためにミキサーはマイキングにこだわるんですね)。

5821.jpg
(マイクのチョイスから実際のマイキングまで、ミキサーの腕の見せ所・・・だった時代が懐かしい。。。あれ??)

たとえば、「激鳴り!ヤバいくらい低音バリバリ出てるんだよね」といったドラムがあったとして、低音以上にアタックや高音域の鳴りが強ければ、マイクには硬い音として入ります。逆に「全体的にしょぼいんだけどね」といいながらもバランス的に低音が多ければ低音が効いた音としてマイクに入ります。主観と客観の違いとでもいいますか。家政婦は見た!!と、カメラがとらえた決定的瞬間。この両者の差が人間の耳とマイクの差だとも言えます。
そうそう、ライヴでフロアタムから出る、ウ~~ンという音が廻って困ったことありませんか。打面か裏面(たいてい裏)のヘッドを緩めていくと解決します(均等張りが前提)。これも先ほどのスネアのボーンと同じ理由です。ん~若干話が散漫になっているような。。。そうでもないですか?良かった。じゃ先に進めます(笑。
レコーディングのエピソードから入ったのでマイクの話になりましたが、普通に生で聞く時でも、他の楽器の音が混ざった状態であれば、客観的にドラムの音を判断できるでしょう。当事者にとっては、自分が気になる倍音というものは目立って聞こえてしまいますが、実際は気にするほどでもなかったりします。周囲は全く気づいてなかったり。。。
ローピッチを作る際、ハイピッチのチューニングに慣れていると、打面を緩めていくに従って出てくる倍音に確かに不安を覚えます。「ポーンであれだけ、邪魔な倍音なんだから、もっと緩めたらとんでもないことになるのでは・・・」大丈夫、緩めるほどに「薄い倍音」です。目立たなくなります。大事なのは、大胆に、思いきりやってみること。ローピッチのスネアの音作りに必要なのは勇気なんです。一度チャレンジしてみてくださいね。彼方のドラムライフがハッピーでありますように。

有機生命体 九州編 2

 ミーティングの際に手渡されたデモテープをもとに、音を出してみようということになり、熊本市内の某スタジオへ向った。この日、ベースの人とは初顔合わせ。磯谷いわく「めちゃめちゃルックスいいですよ~」の言葉どおり、まさにゴスロリ殺しの甘いマスクの持ち主は、後の盟友、大西智幸(現、絶対無)。挨拶もそこそこにセッションは始まったが・・・
 演奏ほとんどしてません(泣。プラトニック・スプラッター(後のクレーターという曲)をちょっと演ったくらい。時間のほとんどが、マリリンと磯谷の言い争いで終わってしまった。理由はよく覚えてないが、ちゃんと歌ってよとか、うるさいわねぇとか、そういうやりとりだったと思う。演奏始まったら、始まったで、大西君、ほとんど全編スラップ。。。うまく言えないけど、何か、何かが違う。しかもセッション終わってからの「いや~、ど下手ですよね~、このバンド」といった磯谷の言葉に、モチベーションは下がりっぱなし。自分が、なにか良からぬことに引っ張り込まれたような感覚に陥り、早々に現場を立ち去った。
 セッション終了。普通ならこれで終わる話なのだが。。。この有機生命体というバンド、それまでに自分が経験したバンドと決定的に違っていた部分があった。それは、すでに初稽古の前に、ライヴが決まっていたこと。しかも間髪入れずに、次から次へとスケジュールが決まる、決まる。 この点、磯谷のマネージメントは優秀だった。お察しの通り、完全に辞めるタイミングを失ってしまった私(笑。
 バンドの演奏力は月並みなものの、マリリンの強烈な存在感と独特な歌の世界観、磯谷のテクノ、プログレ、パンクを基調としたアレンジのセンスはライヴハウスでもひと際輝きを放ち、あっという間に九州でも目立つ存在に。博多のDRUM Be-1、当時のビブレホールなどに定期的に出演するようになる 。
 オーディション関係も好調。飲料メーカー主催のコンテストの九州大会で賞をとり、結成半年足らずで大手レコードメーカーのオーディションの全国大会で、日本青年館のステージへ。そしてこのとき宿泊先のホテルのテレビで、まだ九州では放送されていなかったイカ天(イカすバンド天国)を偶然観ることになる。

HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。