DrumsTuningBlog ~ドラムに纏わるウロトアゼ~

ドラム音職人によるミュージシャンのためのチューニング覚え書き・・・ Drumsとともに年を重ねた、笑いと涙の夫婦善哉。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おれの俺音

7月末日。某レコードメーカー所有のスタジオが40年の歴史に幕を下ろしました。ここのミキサーさんたちとは以前より仲良くさせてもらっていたこともあって、ラストの夜、メモリアルドラム撮りパーティー?に参加してまいりました。まぁ、早い話、ドラム撮り勉強会といったところです。

08-07-31_006.jpg

この日は、当日用意してもらったマイナスワンの音源(通常の曲から、ドラムのトラックだけをOFFにしたもの)に合わせてドラムの音を作りプレイしてみる、、といった志向。一回曲を聴かせてもらった後、好き勝手なイメージでドラムをチューニングし、それを聞いたミキサーさんが、さらに自由なイメージで、マイクを立て、ドラムのサウンドを創っていきます。それを聴いて、さらにチューニングを変えてみる。ミキサーさんもマイクを変え、マイキングを変え、プラグインやアウトボードの設定を変えていく。要は音づくりのジャムセッションです。普段のレコーディングでは、時間に追われて音を作るケースが多いので、ゆっくりと確かめながらこういった実験ができるのは、とてもありがたいんです。40年間の歴史のラストに音を出せたことも光栄でした。まさに、有意義な時間でありました。

080730_2314~0001

で、気付いたこと。
他の楽器の音が完パケしていて、ドラムの音を最後に決めるって、通常のレコーディングではあまりないですよね?僕もこういった遊び(いやいや、勉強会でした)以外では、めったに遭遇しません。皆さんはどうですか?
アーティストによっては、一度作った音源(たいていは打ち込みデモ)を下敷きにして、その音源をもとに各楽器を差し替えていく、といったやり方もあるようですが・・・一般的なバンドのレコーディングでは(ライヴでも)まずお目にかかりません。通常は、最初にドラムの音を決め、それからベースの音を決める。ギターは仮音で、後々のダビング時にじっくり音を決める。ということは・・・。
ドラマーは他の楽器に合わせて音を作ることに慣れていないんです。意識が薄いともいえます。まわりが合わせてくれているんですね。少なからず、後で音を決める人たちは「ドラムの音ありき」になっているわけです。たまに見かける「おれの俺音」タイプのドラマー。最初っから、「これがおれの音だから!」と頑固に言い切るタイプ。もちろん、レベルは千差万別。そして悪いことではありません。そのくらいの自信がなければ音楽業界の荒波はのりきれません(笑。ベースや、ギターの人たちにも「俺音」タイプは普通にたくさんいます。ただ、彼らは「俺音」の中にも、自然と身に付いた周りと帳尻を合わせる「俺音の幅」を持っています。これは音色をコントロールする「コントロール力」ともいえます。

080731_0444~0002

まわりに合わせる、という言葉は消極的に聞こえるかもしれませんが、言いかえれば、周りの音を引き立たせる、ということ。結果として自分の音も良く聴こえます。さまざまな引き立て方があります。分離が良いのがすべてではありません。分離が進み過ぎると一体感がなくなります。バラードを演奏する時の寄り添うような音。喧嘩しているようなハードな曲の音。ハイウェイを並んで突っ走っていくようなスリリングな演奏と音色。曲が求める音色の積み重ねが必ずあるはず。ドラマーの皆さん!俺音の幅、ちゃんとありますか?

あっ、「おれの俺音」っていうドラマーさん、私は好きです。こういうタイプの人との仕事で良い結果が出ることも多い。フォローじゃなくて。ただ幅があるともっと好きかな~。
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。