DrumsTuningBlog ~ドラムに纏わるウロトアゼ~

ドラム音職人によるミュージシャンのためのチューニング覚え書き・・・ Drumsとともに年を重ねた、笑いと涙の夫婦善哉。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽のフォルム

今回は、以前他所のブログに書いたものを多少リライトして掲載してみました。チューニングだけじゃなく、生活や仕事の中でもすごく大切な事だと思うので、皆様もしお時間あったら読んでみてくだされ。


『音楽のフォルム

 自分が携わった音源が完成した際。結果として、デモテープを超えてないなと思うことがあります。
 予算をつぎ込んで作ったものより、本番に向けての準備として録音したデモの方が荒削りでもグッとくる、といったケースです。
 本番だから・・・演奏にも音にも丁寧に細かい所に気を配って、隙のない音源を作ろうとするがあまり、音楽のフォルムを崩してしまう。そういう事、あると思います。
 音楽のフォルムとはどういうものか。巨匠ミキサー、吉野金次さんが著書の中でこう書かれています。

 「たとえば、デッカイ看板があるとするよね。1メートルのところじゃ、何が書いてあるか、ぜんぜんわかんないわけ。それで、だんだん、離れていくと、ある瞬間、全部の字が見えるようになるでしょ。そこが、フォルムのポイント。あんまり、離れすぎちゃっても、字は見えるけど、その実際の大きさとか細かいところはわかんなくなっちゃう。看板なんかだと、どこがフォルムのポイントなのか、ハッキリとわかるけど、音楽みたいな、目に見えないものの場合は、もう、感覚だけでね。そのポイントを探さなきゃならないわけね。その部分がしっかり録れてないと、いい音してても、いい録音とは言えないの。」

 う~ん、文体はなんともいえませんが・・・内容はすばらしいと思います。これ同じことがリズムでも言えませんか?
 細かいところをキッチリやろうとしすぎると、硬く歪なフォルムになってしまう。2拍づつ(ハーフタイム)を感じて演奏すれば1小節のフォルムがハッキリしてくるし、周りの音も流れを感じて聞くことができる。1小節を1拍に感じれば、もっと余裕が生まれるし、2小節を1拍で感じれば、AメロBメロサビなど、ブロック単位で感じれるようになる。 ただし、大きく取り過ぎると細かいところはぼやけていく。
 好き勝手に、いろんな取り方やっていくと「フォルムのポイント」が見えてくるんだと思います。でも、リズムに限らずかも・・・。いろんなものに「フォルムのポイント」、ありそうです。』


フォルムのポイント。どうでしょう?そう、音づくりでもこれはいえますよね。でもどういう風に当てはまるのかは・・・ちょっと、みなさん、個人個人で考えてみませんか?
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。