DrumsTuningBlog ~ドラムに纏わるウロトアゼ~

ドラム音職人によるミュージシャンのためのチューニング覚え書き・・・ Drumsとともに年を重ねた、笑いと涙の夫婦善哉。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オリジナリティ

注:今回はわりと長文です。しかもかなり説教じみてしまいました。チューニングの方法は書いておりません。でもみんなあまり口に出して言わないような事を書いたつもりでもおります。ご了承ください。


前回、楽器から最大限に鳴りを引き出す方法を例にとって【個性】を考えてみました。
「楽器が良く響くように準備できていれば、おのずと個性は表れる。あなたのドラムも必ず持っています。」といったことを書いてみました。

そして、この楽器を、こうセッテイングして、こういう風に使いたいという部分では・・・「そこからはオリジナリティの話」とも書きました。

「いやいや、オリジナリティを持ち出すまでもなく、だれかがそう考え、そういう音を作るのなら、すでにその人だけのオリジナルの音じゃないか?」

そういったご指摘もあるでしょう。しかし、現実的に音のオリジナリティは誰にでも感じるものではありませんし、広く表現においては、その世界でやっていけるか否か、明暗を分けるところでもあります。
今回はその【オリジナリティ】に関する考察です。


質問してもよかですか?

オリジナリティがある!と思うのはどんな音ですか?
いきなりだと難しい?ではオリジナリティを感じない音は?

これはたぶん・・・ありふれた音なんだろうと思います。逆に言うと、ありふれていない音=オリジナリティがある音、となりますが、それだけだとちょっとマズい。奇抜なら良いってことになってしまう。

「ありふれてなくて、でも共感できる音」。もしくは「他にはない感じだけども、その音楽にすごくマッチしてると思える音」というのはどうでしょうか。

あなたを主体にすると「あなたしか持ち得ないもので、他の人にも伝わる音」ということになります。


オリジナリティ溢れるプレイや音に出会うと嬉しくなったり、驚いたり、憧れたりします。
表現が伝わり感動する。ここがポイントだと思います。

だから「自分がやれば自分のオリジナルじゃん!(けっこう多い)」というようなお気楽な意見には?が浮かんでしまうのです。
オリジナリティは(あなたの独自性は)観た人、聴いた人が決めるものであって、自分で「おれにはある!」って言っても仕方ないでしょ?って思います。


ではどうやったら、そのオリジナリティを手に入れられるんでしょうか?

こんな経験ありませんか?
ちょっと口やかましい先輩やオーディションの審査員に、オリジナリティがない!とか言われてへこんでしまう。
オリジナリティが大切、オリジナリティを出さなければならない。。。色々と目新しいことをやっては見るが伝わらない。どうすればいいの??

結論から言うとオリジナリティとは考えて出てくるものではありません。
ふりかけみたいにパッと出してササッとかけて「はい、オリジナリティです」というわけにはいかない。

なぜならば、それは滲み出てくるものだから、です。

今まで、何を、だれと、どこで聴き、演奏してきたか、といったような音楽人生の履歴書が問われます。
オリジナリティを出す、といった作為的な考え方はこの〈滲み出てくるもの〉を邪魔するのです。

憧れのあのアーティストは、オリジナリティを出してやるぞ~と考えて演奏してなんかいません。
自分だったらこうやる、この曲はこう演奏しよう・・・ようは普通なんです。

ただ注目すべきは、彼の普通のつもりのモノが他の多くの人には、自分にはない、なにか特別なモノに感じる。

この彼と自分のズレの部分こそが実はオリジナリティの正体です。


では具体的には?

高めること。自分のスタンダードが他人には当たり前ではない、というくらいに。

ひとつには音楽人生の履歴書を充実させる事です。いろんな音を聴いて、たくさんの楽器に触れて、いろんな人たちと交流すること。
余談ですが・・・僕もいろんな場所でワークショップやレッスンをやります。生徒の中で一年で一番伸びる人はどんな人だと思いますか?これは、いちばん経験した人です。
そして素直な人。いろんなやり方や考えをいったん受け入れて、試してみて、自分に必要かどうか選別できる人なんです。

さらに、具体的な日々の鍛練としては、模倣することです。

えっ・・・真似?そう、真似です。

逆説的ですが、模倣の先に、オリジナリティは存在すると思います。僕もそれしかやってこなかったし、いまでもそうです。
とにかく、たくさん、たくさん模倣すること。そうすることでセッティングやチューニングの理解がどんどん深まります。
自分が真似してみたい音から初めて、音楽の歴史を過去に遡って、色々な音を作ってみること。

なぜその音なのか?考えながらやっていくと、先人の偉大さに気付きますし、良質な音づくりの勉強にもなるのです。音の解釈が深まり、自分の音にインパクトが出てきます。

さらに模倣の腕を何年も何年も、これでもかっ!と磨いていく。そうすると今度は必ず模倣できないところが出てくる。どうしても埋まらない溝。

それこそが先人のオリジナリティの部分です。そこは今度はあなたが、自分の何かで埋めなければならないところ。音に魂を入れるって部分なんです。


スポンサーサイト

Comment

2009-10-02 » 的場誠也 ... edit
的場です。

ブログをご覧いただいた方々、メッセージやコメントいただいた方、どうもありがとうございます。
質問、アドバイス、ご指摘など随時承ります。アドレスをご記入の方には返信させていただきます。
今後とも、よろしくお付き合いくださいませ。

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。