DrumsTuningBlog ~ドラムに纏わるウロトアゼ~

ドラム音職人によるミュージシャンのためのチューニング覚え書き・・・ Drumsとともに年を重ねた、笑いと涙の夫婦善哉。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お勧めチューニング

バスドラムの音づくり、苦手な人多いみたいです。なかなか弄る機会も少ないし・・・難しいもんね。わかります。たぶんお悩みのキーワードは〈低音感〉と〈アタック感〉ではないですか?

一度、コーテッドアンバサダーなどのワンプライのヘッドを使ってみることをお勧めします。

今は本当に様々なヘッドが出てますから「今更アンバサ~?」って声が聞こえてきそうですが、〈厚めのヘッドをゆるく張る〉バスドラムのチューニングでは得られない低音感とアタック感がそこにはあるのです。

薄いヘッドは倍音も多く、均等張りなどの調整もシビアですが、裏返せばそれだけ色々な音が出るということ。お悩みの方はぜひチャレンジしてほしいと思います。


ワンプライのヘッドによるバスドラムチューニング。

一言で表すならば、〈薄いヘッドをきつく張る〉チューニング、ということになります。

・・・なにやら、やたらとキーワード連発しております。

厚めのヘッドをゆるく張る・・・とか、薄いヘッドをきつく張るとか。

これは・・・ぼくはですね、バスドラムのチューニングの基本はこの2つが柱になると思うのですよ。

厚めのヘッドをゆるく張ることで得られる低音は、ボディが豊かでどっしりとした重量感があります。アタックも柔らかく太い。ただし、ある程度パワーを掛けないと、きちんと反応してくれません。
楽器としては、シェルに厚みがあってヘッドの音をダイレクトに表現するタイプのドラムと、とてもよいマッチングを見せます。


薄めのヘッドをきつく張る場合は、少ないパワーでも反応しますが、ヘッド自体の音は、中音域以上に比べて低音域が少なく感じます。
ただし、うまくチューニング出来ると、シェルに十分な振動が伝わり、主に低音の不足を補ってくれる。つまりシェルがよく振動するタイプのドラムに向いていると言えます。

ぶるんと震えるような低音、ダスッといったアタックは厚めのヘッドで得られるものとは別のフィーリングになります。

このチューニングが出来るようになるとドラムでいう〈鳴り〉の理解がぐっと深まります。

さらにミュートやフロントヘッドの穴の位置など、セッテイングが変われば敏感に反応して表情を変えるので、さらなる音づくりの修業にも、もってこいです!

日本での住宅事情やドラム所有率、さらにはスタジオの事情などを考えると・・・実験的なことはなかなか難しいと思います。でもチューニングは回数を重ねれば必ずうまくなるので、頑張ってみてくださいね!

まずは練習スタジオでも楽器屋さんでも、コーテッドアンバサダーが張ってあるバスドラムに出会ったら、ちょっと弄ってみる。そこから新しい音づくりの世界が広がるかもしれません。


スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。