DrumsTuningBlog ~ドラムに纏わるウロトアゼ~

ドラム音職人によるミュージシャンのためのチューニング覚え書き・・・ Drumsとともに年を重ねた、笑いと涙の夫婦善哉。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomに始まり、Tomに戻る

最近、ちょっとだけTomのチューニングに煮詰まり気味。「お任せ」の音づくりの際(実は結構多い)、ほんとにこのアーティスト、この曲にぴったりの音かな~?といった感じで、現場でもこっそり悩んでたりします。若い頃、僕がチューニングに目覚めるきっかけとなったTom。Drumsのなかで一番シンプルな構造。楽器としての仕組みも、音づくりの方法も分かりやすく、まさに基本です。Tomに始まりTomに終わる・・・のかな(笑。まだそこは分からないけど、音楽的なものも含めて、Back to basicな時期かもしれません。
チューニング目覚めの時期は、裏ヘッドを思いきり張って、打面側を全く張ってない状態から対角線にほんの少しずつ張っていく。Tomらしいふくよか音がしてきたら微調整に入り、張りすぎて音が硬くなってきたら、少し緩めて戻す、といった具合でした(いわゆる、Tomらしい音。歌うようなTomの音が好きな方にはお勧めです)。現在は、何でもありです。はっ、何でもありが良くないのかもしれない。。。持っていける場所、音色が以前よりは豊富になってきて、これだーって、的が絞りにくくなってるのかもしれません。そもそもTomって、とても自由度が高い楽器だから。
曲的に絶対これ!って言うのがあったりすると、とてもやりやすいんですけどね。例えば、半音や一音落とし(竿チームが)でゴリゴリのリフもの。「いつもTomが埋もれちゃうから、目立つようにしてよ!」とか。迷わず、スーパー・ローピッチです。例えるなら、12のTomがフロアかっていうくらい(ちょっと大げさ)。打面を緩く張ることでタイトでワイドなアタックを作り、極端なローピッチによる、サスティーンとの分離を図ります。ベチッドーンといった感じの音。Bassともきれいに分離します(その手のBandで、Tomの音に悩んでる方は一度試してみてくださいね)。
そこまでじゃなくても、「誰ダレみたいな音」「なんとかっぽい音」とか、ある程度はっきりとしたイメージのリクエストがあれば仕事は早いです(笑。以前「土瓶みたいな音」「水がはじけた音」というリクエストがあったけど、そういうのも、やりがいはあったかもです。逆に困るのは「なんか面白いタムの音にしてよ」とかね。あまりに漠然としたリクエストはね。まぁ、やりますけどね。まずTomに小豆を入れて、砂糖と水と・・・すみません。冗談です。

(画像はチューニング時に使用するBeat博士です)
08-05-31_002.jpg
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。