DrumsTuningBlog ~ドラムに纏わるウロトアゼ~

ドラム音職人によるミュージシャンのためのチューニング覚え書き・・・ Drumsとともに年を重ねた、笑いと涙の夫婦善哉。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BassDrumの音づくりは・・・体感するしかありません。

ドン。ドスッ。ドフッ。バスッ。トフッ。BassDrumの音の表現です。皆さん、欲しい音によってさまざまな言い方(伝え方)をしますね。経験あるかと思いますが、大抵のリハーサルスタジオやライブハウスのバスドラは打面がかなり強く張ってあり、表側には大きな穴、さらに毛布がぎっしり入れてあります。要はアタックがはっきり見えて余分なサスティーンがない、デッドで扱いやすい音というところでしょうか。トン、またはダン、といった音。私もドラム始めたての頃・・・いや、ずいぶん後まで「バスドラの音ってこれでいいの?レコードやライヴ見てるときはこんな音してないんだけどなぁ」って、はてなマークが浮かびつつも、なんとなくそのままプレイしていました。たまにドスンという感じのバスドラに出会うと「やっぱり、これだよなぁ」と思ってみたり。そのうち自分で弄ったりしはじめると、これがなかなか好きな感じが出せない。混乱する一方です。
・・・何が言いたいかといいますと。バスドラムの音づくりって難しい~って話でございます(笑。
チューナーになってからも、納得できる音になるまではずいぶん時間がかかりました。突破口は、「ひたすら打面を緩めること」でした。ふくよかな低音が出てきて、現場でもなかなかの好評ぶり。タイトにしたい場合は、さらに緩めると鳴りが収まってドスッとした、いい感じの音になります。フロントヘッドは穴小さめ。真ん中に穴はNG。踏んだ時の空気が全部逃げます(狙いならアリです)。曲のメロディーや、リフなんか口ずさみながら、ハモる感じでチューニングすると「ちょっと、俺、バスドラのチューニング上手いんじゃん」と悦に入るほどです。しばらくは猿のオナニー、あっ失礼!馬鹿の一つ覚えの如く、緩めてなんぼの世界が繰り広げられました。が、しかし、ブームというものはいつか去っていくものです。なんか自分が作るバスドラの音って、アタックとか暴れる感じとかがないな~、と思い始めたのです。かといって打面張っていくと音が細くなるしなぁ。。。またまた悩みの季節が訪れました。
そして次なる突破口はプロデューサー、岡野ハジメ氏の一言。ある現場でスネアのチューニングで煮詰まったていたとき。「普通でいいよ、表も裏もおんなじピッチで。クラシックの小太鼓の音っ!」と半分怒りモードで(時間がかかりすぎた、反省)言われたことで、スネアの音づくりの世界がスコーンと開けたことを思い出したのでした。
早速やってみることに。ある程度、バキッとしたアタックがあるくらい打面を張って、フロントヘッドをそれとおなじピッチに合わせてみる。う~ん、アタックは出るものの、なんかしょぼい。両面を少し緩めてみる。おっ!さらに緩めてみる。おおっ!いい感じ。さらに緩めると。き、きたー!まさに思い描いていたアタックも低音も効いた男前な音です。岡野さんありがとう!22インチのバスドラで両面およそD#くらい。現在の自分がつくるバスドラの音。その基礎となるチューニングが完成したのでした。こういったバスドラ遍歴?を経たことで、前出のパンパンに張った毛布の詰まったバスドラの音も場合によっては必要だと思えるようになってきました。
やはり、いろいろと試行錯誤することで理想の音に近づいていくものなんですね。バスドラの音は、体で感じる、まさに「体感」することが大切です。自分が体感し、体で覚えたバスドラのイメージ。この枠のなかでしか作れないし、これがその人のドラムセット全体の音のスケール感を決めてしまいます。あなたのイメージの音はドンですか、ドスッですか。トフっですか。


08-06-24_001.jpg

ずっとバスドラの音づくりに悩んでいたが、最近好調。LUDWIG メイプル通称「小雪ちゃん」。ワイルドフラワースタジオ所属。ちなみに「小雪ちゃん」はNICO Touches the Wallsの対馬くんによる命名。
スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。