DrumsTuningBlog ~ドラムに纏わるウロトアゼ~

ドラム音職人によるミュージシャンのためのチューニング覚え書き・・・ Drumsとともに年を重ねた、笑いと涙の夫婦善哉。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有機生命体 九州編 2

 ミーティングの際に手渡されたデモテープをもとに、音を出してみようということになり、熊本市内の某スタジオへ向った。この日、ベースの人とは初顔合わせ。磯谷いわく「めちゃめちゃルックスいいですよ~」の言葉どおり、まさにゴスロリ殺しの甘いマスクの持ち主は、後の盟友、大西智幸(現、絶対無)。挨拶もそこそこにセッションは始まったが・・・
 演奏ほとんどしてません(泣。プラトニック・スプラッター(後のクレーターという曲)をちょっと演ったくらい。時間のほとんどが、マリリンと磯谷の言い争いで終わってしまった。理由はよく覚えてないが、ちゃんと歌ってよとか、うるさいわねぇとか、そういうやりとりだったと思う。演奏始まったら、始まったで、大西君、ほとんど全編スラップ。。。うまく言えないけど、何か、何かが違う。しかもセッション終わってからの「いや~、ど下手ですよね~、このバンド」といった磯谷の言葉に、モチベーションは下がりっぱなし。自分が、なにか良からぬことに引っ張り込まれたような感覚に陥り、早々に現場を立ち去った。
 セッション終了。普通ならこれで終わる話なのだが。。。この有機生命体というバンド、それまでに自分が経験したバンドと決定的に違っていた部分があった。それは、すでに初稽古の前に、ライヴが決まっていたこと。しかも間髪入れずに、次から次へとスケジュールが決まる、決まる。 この点、磯谷のマネージメントは優秀だった。お察しの通り、完全に辞めるタイミングを失ってしまった私(笑。
 バンドの演奏力は月並みなものの、マリリンの強烈な存在感と独特な歌の世界観、磯谷のテクノ、プログレ、パンクを基調としたアレンジのセンスはライヴハウスでもひと際輝きを放ち、あっという間に九州でも目立つ存在に。博多のDRUM Be-1、当時のビブレホールなどに定期的に出演するようになる 。
 オーディション関係も好調。飲料メーカー主催のコンテストの九州大会で賞をとり、結成半年足らずで大手レコードメーカーのオーディションの全国大会で、日本青年館のステージへ。そしてこのとき宿泊先のホテルのテレビで、まだ九州では放送されていなかったイカ天(イカすバンド天国)を偶然観ることになる。

スポンサーサイト

Comment

Post

管理者にだけ表示を許可する

HOME : TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。